家事の負担を削減するために

>

自分がいない間に掃除してもらう

ルートを教えよう

事前に掃除するルートを決められます。
電源を入れると、ルートを通りに掃除するので、部屋全体を通るようルートを決めましょう。
スマートフォンで操作できるので、会社に行っている時に起動させても良いですね。
いつも帰宅してから、頑張って掃除していたのではないでしょうか。
また時間がなくて、掃除を放棄している人も見られます。

それでは部屋にホコリが溜まって、非常に汚い環境になってしまいます。
ホコリが充満しているとウイルスも繁殖して、病気を発症させます。
身体が弱くすぐに風邪を引いてしまう人が、部屋が汚いことが原因かもしれません。
デジタル家電を使えば、忙しい人でもしっかり掃除できます。
自分に合うお掃除ロボットを見つけましょう。

静かなお掃除ロボットが良い

従来は、起動させている時の音がうるさいと言われていました。
ですが最近のお掃除ロボットは問題点を改善した製品が多いので、静かなものも増えています。
特に集合住宅で暮らしている人は、静かな製品を選択した方が良いでしょう。
壁が薄いと、こちらの生活音が周囲の住民に聞こえます。
昼間なら良いですが、夜中にお掃除ロボットを起動させるとうるさくて、周囲いの住民の睡眠を妨げるかもしれません。

余計なトラブルを回避できるように、静かな製品を探してください。
最近人気なのは、三角形のお掃除ロボットです。
それなら、部屋の角に溜まったホコリも吸引できます。
丸い形のお掃除ロボットは、角の掃除が苦手なのでその部分にホコリが溜まりやすくなってしまいます。
三角形の方が良いでしょう。


TOPへ戻る